~こんなこと言って欲しい~

フリーダムの言霊

アンドロイドナースの言霊

Still0204_00004

昔から有名な「富山の置き薬」ってありますよね、それに限らず家庭に常備している置き薬ですが100年後にはなんと、アンドロイドナースが95%の病気や怪我を直してくれることになりそうです。正に医者要らずですが、、、

まれに攻撃的になるような誤作動を起こしてしまうこともあるようで。。。。

皆様はアンドロイドナースに何と言われて責められたいですか?

 

Categories: その他

センズリ鑑賞の言霊 » « この女優さんにこんなことして欲しい

12 Comments

  1. 高潔の乙女さんの病院作品で
    「オナニー狂いの入院生活」
    「女性上位社会のマゾ男養成病院1、2」

    独裁スイッチさんの病院作品で
    「男だけハダカにされる病院」

    結構そそられる作品なのでご参考にどうでしょうか?

  2. モウデターさんの同人作品
    「校内実習の悲劇」
    CFNMの要素があり結構そそられます。

    ご参考にどうぞ!!

  3. 近年、M男の人口が増加し大きな社会問題となっている。
    そこで政府はマゾは病の一種であるとし、治療方針としてマゾ課を各病院で設立することとなった。
    治療および管理係としてアンドロイドナースが随時患者であるM男を監視し、完治しているかをチェックしている。
    「こんな短小包茎で人間失格ですね…」
    果たして彼らはマゾを完治することができるのだろうか?

    …というのはどうでしょう?

  4. 桃マニアさんの同人作品で
    無限射精拷問シリーズ(現在3作あります)はいかがでしょうか?

  5. 女ターミネーターがナースに扮してターゲットをひたすらこき下ろす展開はいかがでしょうか?

  6. 壊れたボコボコマシンを修理するアンドロイドナースとか
    「また金玉が壊れてしまったのですね」
    と言って手コキや潮吹きさせたり、電気アンマして修復するとか…

  7. 片言のセリフから急に人間的なセリフに変換して欲しい
    「了解しました。(片言)…
    おい、豚野郎!この私に調教してくださいと床に頭をつけて懇願しな(人間的)」
    言いなりのアンドロイドがドSモードになった時に自我が芽生えて人間的な口調で喋るのもありかもしれません!

  8. アンドロイドナースに診察をされM男である事、また弱点のアナル、足コキがバレる。
    結果、アンドロイドナースに弄ばれヌカれまくる。
    そして、男は反抗するも、ナースに「ナースにこう風に無理やりされたかったんでしょ」と言われ犯される。

    けれどもそのM男は無残にも反応してしまい、アンドロイドナースに興奮しているまた事がバレてしまい。
    次第にアナル、金蹴りなど過激なプレイに発展していく。

  9. 長さ測定、精液検査(拡大観察等)を淡々と行ってほしい

  10. このようなチンポでは生殖器としてかつようできません
    男性器が見当たりません
    少し大きめのクリトリスしか、、、
    年齢の入力をまちがえておられませんか?幼児期の未発達な生殖器しかみあたりません等

  11. ブラックジャック

    2015年4月9日 — 10:37

    「これよりあなたを診察します」
    四つんばいの形で手足を拘束され、動きを封じられた状態で、アンドロイドナースは黙々と手術用のゴム手袋を装着する。(手袋装着時は質感や装着音を強調するために無音、無言の方がより興奮するかもしれません)
    「これよりあなたの奥の奥の病原菌を治療致します」
    アンドロイドナースですので、メタリックな金属製の肛門鏡を取り出し、肛門を拡張します。
    肛門内をグローブの指先や金属棒でグリグリとかき回し、治療薬として、アンドロイドナースの唾液や放尿をしても良いかもしれません。

  12. 「こんなガバカバのアナルでは、座薬は入れられません!
    極太の座薬が必要です。」
    と言われながらアナル拡張とか…

コメントを残す

Your email address will not be published.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2018 フリーダムの言霊

Theme by Anders NorenUp ↑